A Message(だれかさん)練習 Teaching Little Fingers to Play(トンプソン 小さな手のためのピアノ教本)

この記事は約2分で読めます。

トンプソン小さな手(略)の7曲目。フレーズと連打音の練習。

スポンサーリンク

A Messageの練習

この曲で学ぶこと

  • Musical sentences called phrases

A curved line over groups of notes indicates MUSICAL SENTENCES called PHRASES.

これスラー?のこと?何も書いていませんが。

曲線で囲われたところは人まとまりの意味のあるフレーズなので、それを意識して演奏しましょう!ってことね。

これは日本語の歌詞が秀逸

日本語の歌詞を抜粋すると、こんな感じです。

~ とびらをたたいてる ~ やめてちょうだい よびりんおしてちょうだい

イラストをよく見ると、

確かに呼び鈴もある(笑)じゃあなんでドアノックもつけたままなの?

英語の歌詞も同様なので、昔のドアで、呼び鈴もあるからそっちを押してよってことなんでしょうか。

10人のインディアン……ではない曲

パパわんわん
パパわんわん

最初のフレーズを聴くと”Ten Little Indians”だ!と思いますが、3小節目から音が変わるという曲ですね。

ぺのーん
ぺのーん

聴き比べてみると楽しいワン……!

A MESSAGE(だれかさん)/Teaching Little Fingers to Play(トンプソン 小さな手のためのピアノ教本)
♬Ten little Indian boys

この記事で使用している楽譜はこちら

Kindle版の”Teaching Little Fingers to Play (John Thompson Modern Course for Piano)”を使用しております。

日本でおなじみの「トンプソン 小さな手のためのピアノ教本」の原書ですが、イラストが一新されているのと、オケ(伴奏)が内蔵されているのが特徴です。

気になった方はチェックしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました