Air from Surprise Symphony(すてきなメロディー)練習 Teaching Little Fingers to Play(トンプソン 小さな手のためのピアノ教本)

この記事は約2分で読めます。

トンプソン小さな手(略)の13曲目。8分音符登場で、一気に曲の速度が早くなったように感じます。

スポンサーリンク

Air from Surprise Symphonyの練習

この曲で学ぶこと

  • Skipping a white key (3rds)

白鍵を一つ飛ばす、ということ(3度の音)だそうです。

初めての本格的なクラシック曲

この教本ではクラシック曲初登場と思います。

原曲はハイドンの「交響曲第94番「驚愕」:第2楽章」のようです。

本には作曲者ハイドンの生い立ちが書いてありますが、

one day as a result of a prank, he was turned out into stormy night-homeless.

ある日、たちの悪いいたずらをしたのが原因で、嵐の夜に放り出され、宿無しになってしまいました。

とのこと。下手すりゃ死にます(笑)

オケでなっている旋律に聞き覚えあり、が思い出せず

パパわんわん
パパわんわん

かすかにオケの中で旋律がなっているのですが、なにか有名な曲の旋律だったような。。。

ぺのーん
ぺのーん

そのあたり思い出せないのが、知識の浅さを露呈しているんだぜ……!

AIR, FROM SURPRISE SYMPHONY(すてきなメロディー)/Teaching Little Fingers to Play(トンプソン 小さな手のためのピアノ教本)

この記事で使用している楽譜はこちら

Kindle版の”Teaching Little Fingers to Play (John Thompson Modern Course for Piano)”を使用しております。

日本でおなじみの「トンプソン 小さな手のためのピアノ教本」の原書ですが、イラストが一新されているのと、オケ(伴奏)が内蔵されているのが特徴です。

気になった方はチェックしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました