GR (Graded Readers)

MMR (Macmillan Readers)

事故物件で起こった恐怖の体験談紹介します『Tales of Horror』

ドラキュラだけじゃない! ドラキュラ、知っていますか?作者のブラム・ストーカーはドラキュラ以外にも、すごく怖い短編を書いているんです。事故物件に住みたい方、拷問器具に興味がある方は、一度読んでみると、考えが変わるかも知れませんよ。。。
MMR (Macmillan Readers)

大きなのっぽの……鎌付き振り子!?他 『Seven Stories of Mystery and Horror』

怖い、キモい、グロいの三拍子がこのお値段で! 誰にでも「今日は暑いし疲れたから、ホラー小説でも読もうかな♪」という日があると思いますが、そんなときにピッタリの短編集です。7本もホラー作品が入っていて超お得!
CER (Cambridge English Readers)

殺人事件に酔いどれ警部が容疑者集めて推理を披露!と書くとまるで名探偵コ○ン『Bad Company』

「赤ワインを1杯でも飲まなきゃ、頭働かないのよ」 初めて殺人事件を担当になった私に、上司の警部が言うんです。まだ仕事中なのに、お酒飲んでて大丈夫なんでしょうか? でも、飲みながら何か閃いたらしい上司は、私に関係者を部屋に集めるよう言って、残ったワインを持って出ていってしまいました。 一体どんな推理ショーが始まるんでしょうか?ただの飲んだくれだったら、私、警察辞めてもいいですか?
スポンサーリンク
CER (Cambridge English Readers)

「子供の誕生日プレゼントに,おすすめのヘビを一匹見繕って欲しいんだが……」『The Dark Side of the City』

大事なものを守るために、道を間違えてしまうことは、誰にだってあるんだ 誰にも相談できず、一人で抱え込んで、どんどん悪循環に陥っていく。ニューヨークの街に潜む闇の世界から、そんな哀れな男を救うのは、やっぱり我らの探偵Marleyしかいないのです。 そんなことより、子供の誕生日プレゼントにヘビを選ぶことについて、誰かつっこまないのかな!?
CER (Cambridge English Readers)

イイ男に弱い私は、誘われるままホイホイと怪しいボートに乗ってしまったのだ『Apollo’s Gold』

怪しいボートには絶対に乗ってはいけない・・・・・・ 美しい海、静かで美しい村。疲れた体を癒やすには最高の、ギリシャはエーゲ海に面したシフノス島に休養にやってきたあなた。ある日怪しげな人たちが乗ったボートがやってきて、ナンパされたとしたら、ついていきますか?ついていくよって人は、是非本書を手に取ってみてください。。。
CER (Cambridge English Readers)

Within High Fences

YL:2.6-2.8 語数:7,700 パパわんおすすめ度:3.5
MMR (Macmillan Readers)

The Trumpet-Major

YL:2.0 語数:9,412 パパわんおすすめ度:2.5
MMR (Macmillan Readers)

The House in the Picture and Abbot Thomas’ Treasure

YL:2.0 語数:8,828 パパわんおすすめ度:3.0
MMR (Macmillan Readers)

The Last Leaf and Other Stories

YL:1.8 語数:7,418 パパわんおすすめ度:3.5
OBW (Oxford Bookworms Library)

The Elephant Man

YL:2.0-2.2 語数:5,400 パパわんおすすめ度:3.0
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました