大きなのっぽの……鎌付き振り子!?他 『Seven Stories of Mystery and Horror』

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

書籍情報&レビュー

書店POP的な紹介

怖い、キモい、グロいの三拍子がこのお値段で!
誰にでも「今日は暑いし疲れたから、ホラー小説でも読もうかな♪」という日があると思いますが、そんなときにピッタリの短編集です。7本もホラー作品が入っていて超お得!

この本の情報

タイトル:Seven Stories of Mystery and Horror
YL:2.8-3.2
語数:15,337
パパわんおすすめ度:3.5
パパわん的ジャンル:ホラー、短編

シリーズ:Macmillan Readers
著者:Edgar Allan Poe
英語:イギリス英語
朗読:あり

読んでみたい方がちょっとだけ参考になるかも知れないコメント

収録タイトル一覧
  • 拷問にかけられた男の恐怖を描く「落とし穴と振り子(The Pit and the Pendulum)」
  • 暗号解読の元祖「黄金虫(The Gold Bug)」
  • 死の直前にかけられた催眠術で人間はどうなるのか?「ヴァルデマール氏の病症の真相(The Facts In The Case Of Mr Valdemar)」
  • 旧友を尋ねると恐ろしい出来事が起こる「アッシャー家の崩壊(The Fall Of The House Of Usher)」
  • 巨大な海流の渦に巻き込また男「メエルシュトレエムに呑まれて(Down Into The Maelstrom)」
  • 致死の伝染病から逃げた王たちの運命は?「赤死病の仮面(The Masque Of The Red Death)」
  • 旧友が船に積んだ箱の謎「長方形の箱(The Oblong Box)」
パパわんわん
パパわんわん

Macmillan Readersから出版されているEdgar Allan Poeの短編集で、7本のお話が収録されています。個人的には1本目の”The Pit and the Pendulum”がまさに恐怖感をあおる作品で好きです!

ぺのーん
ぺのーん

なかなかグロテスクな描写もあったりするので、お子様は注意が必要だぜ……!

パパわんわん
パパわんわん

朗読CD付きの書籍もありますが、効果音付きで雰囲気バッチリの朗読が収録されているので、そちらもおすすめです!

次に読むなら何がおすすめ?

パパわんわん
パパわんわん

多読用のGRや児童書には結構ホラーものは多いので、選び放題かと思います。同レベル帯のGRでは以下のようなものがありますよ。

タイトルとURLをコピーしました