Steamboat Round the Bend(汽船が着くよ)練習 Teaching Little Fingers to Play(トンプソン 小さな手のためのピアノ教本)

この記事は約3分で読めます。

トンプソン小さな手(略)の22曲目。フラットとナチュラルが登場しました。

スポンサーリンク

Steamboat Round the Bendの練習

この曲で学ぶこと

  • The flat and accidental signs

♭(フラット、flat)と♮(ナチュラル、natural)の使い方と練習です。

臨時記号がすべて登場しています

練習曲の鍵盤範囲はBass ClefのCからTreble ClefのGまで。その中で低いAに♭が、高いFに♯がつく箇所がでてきます。

F♯のあとの小節で♮がでてきて、黒鍵と白鍵の移動に注意しながら弾かなくてはいけません。

エンジンのポーっと言う音

この曲も英語版の歌詞に忠実な翻訳になっています。

♯と♭が登場する5小節目から、

ポー ポー ポー ポー

と日本語の歌詞がありますが、これは英語版だと、

Chug, chug, chug, chug,

となっています。

Chug: (エンジンなどの)ポッポッという音.

研究社 新英和中辞典

英語オノマトペあるあるですが、日本人からすると「ポー」と「チャグ」はだいぶ聞こえ方が違う気がしますね。

あ、そういえばチャギントン(chuggington)という列車をモチーフにした3Dアニメがありますが、これもこの音の”Chug”が由来かと思われます。

おしゃれな曲

パパわんわん
パパわんわん

曲のタイトルに汽船とつくので、ずっしりしたイメージの曲かと思いましたが、伴奏を聞くととっても軽くリズミカルな曲でした。上でも触れた「ポーポーポーポー」のところがオシャレな音ですね!

STEAMBOAT ROUND THE BEND(汽船が着くよ)/Teaching Little Fingers to Play(トンプソン 小さな手のためのピアノ教本)

この記事で使用している楽譜はこちら

Kindle版の”Teaching Little Fingers to Play (John Thompson Modern Course for Piano)”を使用しております。

日本でおなじみの「トンプソン 小さな手のためのピアノ教本」の原書ですが、イラストが一新されているのと、オケ(伴奏)が内蔵されているのが特徴です。

気になった方はチェックしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました