YL2

PGR (Pearson English Readers)

良い子は火山活動が活発化する前に逃げましょう『DANTE’S PEAK』

大・噴・火! 火山って、一度噴火するとものすごい勢いで被害が拡大するんですよ。だから、予兆があったら早く逃げましょう。けど、お金や利権が絡むと、人間は判断を誤ってしまうのです……!
PGR (Pearson English Readers)

ナチス統治下、ドイツ国民はどうやって統制されていったのか『The Wave』

これは本当に恐ろしい実験の結果です 第二次世界大戦中、どうしてドイツ国民はナチスドイツに疑問も抱かず従っていたのか?強力な指導者や規律というものが集団心理や思考を変えていく様を、実話に基づいて描かれた1冊です。
OBW (Oxford Bookworms Library)

「おい、の○太!今晩墓場にでも行こうぜー!」これがきっかけで人生が変わりました 『The Adventures of Tom Sawyer』

古き良きアメリカ 退屈な学校の授業、嫌だったお家のお手伝い、楽しかった近所の探検。みんなこうして大きくなったけど、アメリカはやっぱりスケールがでかい!殺人事件に移住生活に生き埋めにと、なんでもござれ。少年少女だったあの頃を思い出したいあなたへおすすめの作品です。
スポンサーリンク
MMR (Macmillan Readers)

たとえあなたの声は聞こえなくても、感じることはできる 『Different Worlds』

ハンディキャップを乗り越えるラブロマンス 彼女は生まれつき耳が聴こえない。けれども彼女は、音を心地よい振動として感じる事ができる。言葉は手話で、気持ちは態度で、そして音楽は、その豊かなバイブレーションで奏でれば、きっとすべて伝えられるんだ。
CER (Cambridge English Readers)

殺人事件に酔いどれ警部が容疑者集めて推理を披露!と書くとまるで名探偵コ○ン『Bad Company』

「赤ワインを1杯でも飲まなきゃ、頭働かないのよ」 初めて殺人事件を担当になった私に、上司の警部が言うんです。まだ仕事中なのに、お酒飲んでて大丈夫なんでしょうか? でも、飲みながら何か閃いたらしい上司は、私に関係者を部屋に集めるよう言って、残ったワインを持って出ていってしまいました。 一体どんな推理ショーが始まるんでしょうか?ただの飲んだくれだったら、私、警察辞めてもいいですか?
CER (Cambridge English Readers)

「子供の誕生日プレゼントに,おすすめのヘビを一匹見繕って欲しいんだが……」『The Dark Side of the City』

大事なものを守るために、道を間違えてしまうことは、誰にだってあるんだ 誰にも相談できず、一人で抱え込んで、どんどん悪循環に陥っていく。ニューヨークの街に潜む闇の世界から、そんな哀れな男を救うのは、やっぱり我らの探偵Marleyしかいないのです。 そんなことより、子供の誕生日プレゼントにヘビを選ぶことについて、誰かつっこまないのかな!?
CER (Cambridge English Readers)

イイ男に弱い私は、誘われるままホイホイと怪しいボートに乗ってしまったのだ『Apollo’s Gold』

怪しいボートには絶対に乗ってはいけない・・・・・・ 美しい海、静かで美しい村。疲れた体を癒やすには最高の、ギリシャはエーゲ海に面したシフノス島に休養にやってきたあなた。ある日怪しげな人たちが乗ったボートがやってきて、ナンパされたとしたら、ついていきますか?ついていくよって人は、是非本書を手に取ってみてください。。。
CER (Cambridge English Readers)

Within High Fences

YL:2.6-2.8 語数:7,700 パパわんおすすめ度:3.5
MMR (Macmillan Readers)

The Trumpet-Major

YL:2.0 語数:9,412 パパわんおすすめ度:2.5
MMR (Macmillan Readers)

The House in the Picture and Abbot Thomas’ Treasure

YL:2.0 語数:8,828 パパわんおすすめ度:3.0
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました