OBW2

OBW (Oxford Bookworms Library)

タイトルに込められた深い意味『Changing Their Skies: Stories from Africa』

変わるものと変わらないもの タイトルは古代ローマの詩人ホラティウスの言葉から取られています。 They change their skies, but not their souls, who run across the sea.
OBW (Oxford Bookworms Library)

強く生きろ、いつの日か王政が戻るまで!『The Children of the New Forest』

住む家を追われた4人兄弟の物語 時はピューリタン革命の時代。父を内戦で失い、さらにクロムウェルの軍隊により家を追われた兄弟は、面倒を見てくれる老いた森番に導かれ、自分たちで森の中で生き抜くことになる。兄弟は無事生き抜くことができるのか?そして父の仇を打つ日はくるのか?
OBW (Oxford Bookworms Library)

私、自分の赤毛、嫌いなの『Anne of Green Gables』

おてんば娘の努力と成長の物語 アンみたいにまっすぐに、好き嫌いも、夢も、素直に語れたら、すごく格好いいと思う。赤毛だからとか、そばかすがあるとか、そんなこと、ぜんぜん気にしなくて良いんだ。自分に正直になって夢に向かって努力する、そんな女の子の物語。
OBW (Oxford Bookworms Library)

DRINK ME! EAT ME!『Alice’s Adventures in Wonderland』

不思議の国はこちらです 言葉をしゃべる動物や虫たち、ちょっと変わった人間にトランプの形をした住人たちまで、ありとあらゆる不思議が詰まった国に、アリスト一緒に旅立ってみませんか?
OBW (Oxford Bookworms Library)

孤島に住む謎の男と少数の住民の秘密とは?『Dead Man’s Island』

人生をやり直したいことって、誰にでもある とんでもない事が起きて、この世界に絶望して、どうなってもいいやって思うことは誰にでもある。けれども、いつか救われる、そう信じて、自分を変えることもできる。だから、事実と向き合って、逃げない勇気は、とても大事だ。
OBW (Oxford Bookworms Library)

鹿だ、鹿だ、お前は鹿になるのだ『The Year of Sharing』

GR界のトンデモSF!? だって奥さん、あそこんちの子、明日から1年間、鹿として生きていかなきゃいけないんですのよ?嫌だわー、うちの子の時は狼だったからまだ良かったけどねぇ。。。
OBW (Oxford Bookworms Library)

納屋に捨てられていた一台のピアノが貧しい少年の人生を変えた『The Piano』

まさに英語多読版「ピアノの森」 ピアノが好きな方はもちろん、音楽に興味がある方は是非読んでみて。押し入れにしまったままの古いクラシックギターや、部屋のオブジェになっている電子ピアノ、ありませんか?そっと触れてみたら、あなたもこんなふうに才能が開花するかも!?
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました