Betty and Bill (もくば)練習 Teaching Little Fingers to Play(トンプソン 小さな手のためのピアノ教本)

この記事は約2分で読めます。

トンプソン小さな手(略)の11曲目。今回は英語のタイトルの意味が?

スポンサーリンク

Betty and Billの練習

この曲で学ぶこと

  • Cross hand

クロスハンド初登場。

Betty and Billの意味は?

日本語のタイトルはもくばで、たしかにイラストも木馬ですね。

一方、英語の電子書籍版では2頭のシカのイラストになっています。

単にイラストに出てくる男の子と女の子(英語版は2頭のシカ)の名前のことなのかなぁ?

英語の歌詞は、

Galloping, galloping over the hill, o, what a frolic for Betty and Bill.

なので、名前っぽいなぁ。

ただ、調べてもよくわからず、このタイトルはちょっと意味がわかりませんでした。

クロスハンド!

練習曲の一番最後、右手でC E Gと弾いたあとに上のCを左手2の指で押さえます。

Cの位置は鍵盤上ですぐ見つけられますが、他の音だったら迷うだろうなー

結構壮大なオケ

パパわんわん
パパわんわん

ティンパニのドドドドというドラムロールがあるので、壮大なオケに聞こえます。

ぺのーん
ぺのーん

今回もピアノの音が走ってる……もう少し練習してから動画とれだわん……!

BETTY AND BILL(もくば)/Teaching Little Fingers to Play(トンプソン 小さな手のためのピアノ教本)

この記事で使用している楽譜はこちら

Kindle版の”Teaching Little Fingers to Play (John Thompson Modern Course for Piano)”を使用しております。

日本でおなじみの「トンプソン 小さな手のためのピアノ教本」の原書ですが、イラストが一新されているのと、オケ(伴奏)が内蔵されているのが特徴です。

気になった方はチェックしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました