By the Pond(がちょうとかえる)練習 Teaching Little Fingers to Play(トンプソン 小さな手のためのピアノ教本)

この記事は約2分で読めます。

トンプソン小さな手(略)の14曲目。左手の範囲が一気にオクターブ拡張。

スポンサーリンク

By the Pondの練習

この曲で学ぶこと

  • Introducing bass notes C and G

左手のG Cの位置が、これまでの位置から1オクターブ下まで広がりました。

右手が弾いている間に移動する

最初のメロディー(ガチョウの鳴き声のあと)に左手を1オクターブしたに移動させてスタンバイし、カエルの鳴き声に入ります。

Cの位置はわかりますが、さっとGの位置(左手4番指)に置くのが難しい。。。

曲はすっごくシンプルですが、オクターブ移動が出てきて難易度が上がったように思います。

おとぼけ感あふれる曲

パパわんわん
パパわんわん

オケがあると曲の雰囲気がだいぶ変わるというのを実感します。

ぺのーん
ぺのーん

そしていい加減そのオケにちゃんと併せて弾くんだぜ……!

BY THE POND(がちょうとかえる)/Teaching Little Fingers to Play(トンプソン 小さな手のためのピアノ教本)

この記事で使用している楽譜はこちら

Kindle版の”Teaching Little Fingers to Play (John Thompson Modern Course for Piano)”を使用しております。

日本でおなじみの「トンプソン 小さな手のためのピアノ教本」の原書ですが、イラストが一新されているのと、オケ(伴奏)が内蔵されているのが特徴です。

気になった方はチェックしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました