Good King Wenceslas(ウェンセラス王さま)練習 Teaching Little Fingers to Play(トンプソン 小さな手のためのピアノ教本)

この記事は約2分で読めます。

トンプソン小さな手(略)の9曲目。キャロルの紹介。

スポンサーリンク

Good King Wenceslasの練習

この曲で学ぶこと

  • The tale of a famous carol

このキャロルについて学びましょうとのこと。

キャロルとは

キャロル(英語: Carol)は元来は、踊りのための民謡であったが、宗教的な礼拝の中で歌われて、現在では通常、祝歌、頌歌(しょうか)と訳される賛美歌の一種と考えられている。今日、キャロルの語はクリスマス・キャロルに代表されている。

Wikipedia

クリスマスキャロルの代表曲として、「聖しこの夜」(Stille Nacht, heilige Nacht)、「荒野の果てに」(Les anges dans nos campagnes)、「もろびとこぞりて」(Joy to the World)が挙げられていますので、そんな感じの曲なのねー。

ウェンセスラスはよい王様

良く知られたクリスマス・キャロルである。艱難を越えて、貧しい者に慈善を施すウェンセスラス王の行為と聖徳が称えられた歌である。日本では、「慈しみ深き王ウェンセスラス」のタイトルでも知られる。

Wikipedia

ウィキペディアに載っているほど有名なキャロルだそうですが、全然知りませんでした。

王の言葉に従ってその足跡の上を歩くと、そこは雪が溶けて芝生の土となっており、暖かさが生まれているという奇蹟が生じる。

Wikipedia

この王様すごい!モーセのようですね。

クリスマス感あふれる曲

パパわんわん
パパわんわん

オケで使われているベルの音が完全にクリスマスです。

GOOD KING WENCESLAS(ウェンセラス王さま)/Teaching Little Fingers to Play(トンプソン 小さな手のためのピアノ教本)

この記事で使用している楽譜はこちら

Kindle版の”Teaching Little Fingers to Play (John Thompson Modern Course for Piano)”を使用しております。

日本でおなじみの「トンプソン 小さな手のためのピアノ教本」の原書ですが、イラストが一新されているのと、オケ(伴奏)が内蔵されているのが特徴です。

気になった方はチェックしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました