Help! (Cambridge English Readers Level 1)

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

書籍情報&レビュー

Kindle版がAmazonにて販売されています!

この本の基本情報

タイトル:Help!
YL:1.4
語数:4,555
パパわんおすすめ度:4.0
パパわん的ジャンル:コメディ、SF

シリーズ:Cambridge English Readers Level 1 (CER1)
著者: Philip Prowse
ジャンル:Comedy
英語:イギリス英語
朗読: あり(無料ダウンロード可)
舞台:イギリス(ロンドン)

あらすじ

文才はありそうなのに、とりあえず書くだけ書いて本を一冊も完成したことがないFrankでしたが、半分だけ書き上げた”Every Morning”という作品が、ハリウッドの映画製作会社の目に止まります。

残りの半分を完成させるため、映画会社のMel ParksはFrankに最新のコンピュータを買い与えて、すぐに作品を完成させるように言います。ところが、そのコンピュータにはChipという女性のAIが搭載されており、Frankをサポートしようとし始めます。

ざっくりレビュー

こんなダメ男、たしかにいるかも!という結構リアリティのある現代のストーリーになっています。

特にFrankをなんとか助けようと(というか、自分のしたいようにしようと)するChipが、今のAI社会から見ると実にリアルで、本当にありそうな話だなぁと思わせてくれます (本書が最初に出版されたのは1999年です) 。

最終的にはどうなるんだろうと読み進めると、あら~というオチが待っていますが、お後がよろしい感じに幕切れしていますので、とても読みやすく読後感の良い作品かと思います。

やっぱり、自分の仕事は他人任せにしてはいけませんね。

こんな人におすすめします!
  • 現代のストーリーで笑える話が読みたい
  • コンピューター関連の話が好き
ちょっと合わないかも……
  • ダメ男は受け付けられない。。。

英語多読にプラスアルファの情報

ピックアップ表現

‘Colour is British English. Color is American.’
‘I know what is right,’ Chip replied. ‘The spelling is color.’

本文より

FrankがスペルチェックをChipにお願いしたときの一コマです。
今でも普通にPCで英文を書いていて、イギリス英語でスペルを書くと「間違っているよ~」と修正候補が出たりしますよね。
GRでイギリス英語を読んでいれば違和感はあまりないですが、イギリス英語で書かれた文章を読んで「スペルミスが多い!」と言っている人にあったこともありますし、米国英語しか知らない人だったら本当にこう言いそうですよね。

朗読(オーディオブック)のレビュー

優しい感じの男性の朗読です。すごく感情を込めて読んでいて、”Ping!”のところや、Chipのセリフがイメージに合っていて、大変おすすめです!

CERの朗読音声は現在無料でダウンロードすることが可能です!
詳しくは下の記事をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました