Home on the Range(とうげの我が家)練習 Teaching Little Fingers to Play(トンプソン 小さな手のためのピアノ教本)

この記事は約2分で読めます。

トンプソン小さな手(略)の28曲目。ここにきて日本語版と英語版で異なる譜面が登場しました。

スポンサーリンク

Home on the Rangeの練習

この曲で学ぶこと

  • Expression

……とだけいわれましても(汗)

とにかく、感情を込めて弾くこと、とのことです。

英語版のほうではD.S. al Fineの指示が登場

この曲は連弾用になっており、SECONDOとPRIMOの2つの譜面がありますが、どちらも日本語版と英語版では異なっています。

また、4小節ごとに区切られており、AからH(英語版ではAからF)の記号がついています。

英語版はCにダル・セーニョの記号があり、Fの最後のD.S. al FineでCに戻るようになっています。
(脚注としてそれぞれの意味の記載はもちろんあります)

一方日本語版は、D.S. al Fineを使用せず、Fのあとは、G、HとしてC、Dと同じ譜面が続きとして記載されています。

曲としては同じですが、日本語版のほうがややこしくなく、より初心者向けと思います。
私のような初心者は、英語版の譜面をみて弾いていると、戻る場所を探してまごついてしまうので。。。

カウボーイ・バラッド

パパわんわん
パパわんわん

アメリカの民謡で、英語版によるとCowboy Balladとのこと。ゆったりしたリズムの曲ですね。感情をこめられたかはかなり疑問ですが。。。あとゆっくりな曲のせいか、普通にタッチミスも。。。

HOME ON THE RANGE(とうげの我が家)/Teaching Little Fingers to Play(トンプソン 小さな手のためのピアノ教本)

この記事で使用している楽譜はこちら

Kindle版の”Teaching Little Fingers to Play (John Thompson Modern Course for Piano)”を使用しております。

日本でおなじみの「トンプソン 小さな手のためのピアノ教本」の原書ですが、イラストが一新されているのと、オケ(伴奏)が内蔵されているのが特徴です。

気になった方はチェックしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました