Mary, Queen of Scots

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

書籍情報&レビュー

この本の基本情報

タイトル:Mary, Queen of Scots
YL:2.0-2.2
語数:6,540
パパわんおすすめ度:3.0
パパわん的ジャンル:実話、王室もの

シリーズ:Oxford Bookworms Library
著者:Tim Vicary
出版社設定ジャンル:True Stories
英語:イギリス英語
朗読:あり
舞台:イギリス

3行でわかるあらすじとレビュー

  • スコットランド女王メアリー・ステュアートの生涯を、彼女が自身の息子ジェームズに宛てた手紙という形で語る
  • 最初の夫との結婚、リッチオ殺害事件、ダーンリー卿の死、ボスウェル伯との再婚など、背景と出来事をメアリーは語る
  • そしてメアリーは処刑され、メアリの侍女のBessはそれを見届ける
パパわんわん
パパわんわん

管理人は歴史に疎く詳しくありませんが、スコットランド女王のメアリー・ステュアートに関する実話を元にした小説です。

同時代に生き、本書にも登場するイングランド女王エリザベスの方が有名なようで、メアリー側に焦点をあてて書かれた本は少ないようです。

ぺのーん
ぺのーん

悲劇的な女性で書かれているが、本当はかなり危ない奴だったと言う人もいるらしいワン……!

パパわんわん
パパわんわん

私同様歴史に疎い人でも、登場人物が少なく、重要な事件に絞って描かれているので、勉強ではなく歴史を学べる良い本だと思います。

ぺのーん
ぺのーん

音源付の電子書籍は楽天Koboストアで販売されているみたいだ……!

この本はどんな人におすすめ?

こんな人におすすめします!
  • イギリスの王室に関する話が読みたい
  • メアリーが好き
ちょっと合わないかも……
  • エリザベス派です!
タイトルとURLをコピーしました