Mutiny on the Bounty

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

書籍情報&レビュー

この本の基本情報

タイトル:Mutiny on the Bounty
YL:2.0-2.2
語数:5,825
パパわんおすすめ度:3.0
パパわん的ジャンル:反乱もの、実話

シリーズ:Oxford Bookworms Library
著者:Tim Vicary
出版社設定ジャンル:True Stories
英語:イギリス英語
朗読:あり
舞台:イギリス、タヒチ

3行でわかるあらすじとレビュー

  • タヒチ島でパンノキを採取する任務にあたっていたバウンティ号
  • そんな中、船長Blighに反感を持った船員の一部が反乱を起こし、Blighらを救命艇で追放してしまう
  • Blighらは助かるのか?反乱を起こした者たちの運命は?
パパわんわん
パパわんわん

実話です。映画にもなっているようで、結構有名な話ですね。本書は追放された船長のBligh側に焦点を当てて描いているようで、反乱後どのような経過を辿ったのかが、後半の話になっています。

ぺのーん
ぺのーん

めちゃめちゃ狭いボートに乗せられて海の真ん中に置き去りにされるなんて無理だワン……!

パパわんわん
パパわんわん

実際に起きた事件を史実として知る意味でも、物語として読書をしたい場合でも、どちらでも楽しめる1冊かと思います。

この本はどんな人におすすめ?

こんな人におすすめします!
  • 実話を元にした話を簡単に読みたい
  • 海洋冒険ものが読みたい
ちょっと合わないかも……
  • 海の上で置き去りは怖い。。。
タイトルとURLをコピーしました