ピアノの練習をはじめてみます!(できるだけ洋書で)

この記事は約2分で読めます。

子供が生まれたので、ふと「将来子供と一緒に音楽ができたらいいなぁ」と思い、ピアノをやってみよう!と思い立ちました。
(幸い妻の使っていた電子ピアノが家にあるので、そちらを拝借します)

が、ただ練習をしても面白くないので(欲張り)、できれば英語の勉強も兼ねて、洋書(英語の教本)を使ってやってみようと思います!

スポンサーリンク

まずは何からはじめる?

生まれてこの方、ピアノはもちろん習ったことがないので、世間でよく使われている教本を使って独学で頑張ってみようと思います。

クラシックにはあまり興味はなくて、ポップスなんかを楽しく弾ければいいなぁと思っていますが、これを機会にクラシックも勉強してみたいので、定番のものを使ってみようと思います。

トンプソン 小さな手のためのピアノ教本が手元にあった!

電子ピアノとともに、「トンプソン 小さな手のためのピアノ教本」があったので、こちらの英語版(Kindleの電子書籍版)を使って、まずは読み比べながら練習をしてみようと思いますよ!

普段のトレーニングにおすすめなのはバーナム?

いろいろなサイトを見ていると、バーナムのピアノテクニックのシリーズがかなりおすすめとのこと。

こちらも電子書籍版があるようなので、使ってみようかなー。レベルがいろいろあるようなので、間違えないように買わないとですね。。。

超初心者にはこれが良いのかしら。

その他の教本やこれからやってみたいこと

YouTubeやブログなどで調べてみると、「バスティン」の教則本も楽しそうですし、米国Amazonでの売れ筋は「Piano Adventures」みたいですね。
特に後者は、カタログを見ると何冊出しているんだろう、という膨大なシリーズのようです。

曲集としては「ギロック」のものがおしゃれで、ジャズなどもあったりと、弾いてみたいなぁと思っています。

練習した曲は動画撮影してみる予定です

自分の演奏が公開されるとなると、緊張感も出て、ちゃんと練習するのではないかと、自分を追い込むために動画撮影でもしてみようと思います。

動画編集やアップロードもはじめての経験なので、うまくできる自信はありませんが、洋書レビューの合間にのんびりとやっていければと思います!

タイトルとURLをコピーしました