Sledding (そり)練習 Teaching Little Fingers to Play(トンプソン 小さな手のためのピアノ教本)

この記事は約2分で読めます。

トンプソン小さな手(略)の16曲目。調号がつきました。

スポンサーリンク

Sleddingの練習

この曲で学ぶこと

  • F sharp in the key signature

前回♯(sharp)が臨時記号でFについていましたが、今回は調号(key signature)として登場しています。

Gメジャーとスケール

日本語版には説明がありませんが、英語版(電子書籍版)では、

This piece contains the SCALE OF G MAJOR.

とあります。

調号で、シャープが一つなのはGメジャー、Gメジャー・スケールはGから「ドレミファソラシド」の音階を並べたもの、だったはず。
(このあたりはギターをかじっていたのでなんとなく知っている)

詳しい説明は次のレベルの教本から出てくるのかも知れません。

イラストの亀はそりに載っていない(笑)

日本語版はちゃんとそりあそびしていますが、英語版は、

自分の甲羅ですべってる(笑)。一応これもそり遊びなのかな。。。

明らかにCメジャーと曲の印象が異なる!

パパわんわん
パパわんわん

調を意識してみると、Cメジャーとはだいぶ違いますね。

SLEDDING(そり)/Teaching Little Fingers to Play(トンプソン 小さな手のためのピアノ教本)

この記事で使用している楽譜はこちら

Kindle版の”Teaching Little Fingers to Play (John Thompson Modern Course for Piano)”を使用しております。

日本でおなじみの「トンプソン 小さな手のためのピアノ教本」の原書ですが、イラストが一新されているのと、オケ(伴奏)が内蔵されているのが特徴です。

気になった方はチェックしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました