Song of the Volga Boatmen(ボルガのふなうた)練習 Teaching Little Fingers to Play(トンプソン 小さな手のためのピアノ教本)

この記事は約2分で読めます。

トンプソン小さな手(略)の6曲目。短調で、ロシア民謡です。

スポンサーリンク

Song of the Volga Boatmenの練習

この曲で学ぶこと

  • Dotted half note in 4/4 time

前に登場した付点2分音符が4拍子に登場し、「アン」のリズムで使われています。

短調の説明

すでに2曲目で短調の曲はありましたが、今回正式に解説が登場。

・明るい調子(Happy Keys):長調(Major)
・暗い調子(Sad Keys):短調(Minor)

まぁ、今回の説明はこれだけです(笑)。

ボルガのふなうたとは

ロシア民謡で、ボルガ川沿岸の農民たちが、船を川上の方や流れに逆らって運ぶ大変な重労働をしている際に、歌われたそうです。

ロシア民謡として、作曲家バラキレフという人が楽譜に書き起こしたようですね。

YouTubeにもロシア語の原曲があがっていました。

【ロシア語】ヴォルガの舟歌 (Эй, ухнем) (日本語字幕)

すっごーく暗い歌ですね。そして後半ものすごい壮大。。。

こちらも負けじとオケが壮大!

パパわんわん
パパわんわん

完全にオケの雰囲気に負けてしまっています。

SONG OF THE VOLGA BOATMEN(ボルガのふなうた)/Teaching Little Fingers to Play(トンプソン 小さな手のためのピアノ教本)

この記事で使用している楽譜はこちら

Kindle版の”Teaching Little Fingers to Play (John Thompson Modern Course for Piano)”を使用しております。

日本でおなじみの「トンプソン 小さな手のためのピアノ教本」の原書ですが、イラストが一新されているのと、オケ(伴奏)が内蔵されているのが特徴です。

気になった方はチェックしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました