事故物件で起こった恐怖の体験談紹介します『Tales of Horror』

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

書籍情報&レビュー

書店POP的な紹介

ドラキュラだけじゃない!
ドラキュラ、知っていますか?作者のブラム・ストーカーはドラキュラ以外にも、すごく怖い短編を書いているんです。事故物件に住みたい方、拷問器具に興味がある方は、一度読んでみると、考えが変わるかも知れませんよ。。。

この本の情報

タイトル:Tales of Horror
YL:2.8-3.2
語数:10,747
パパわんおすすめ度:3.5
パパわん的ジャンル:ホラー、短編

シリーズ:Macmillan Readers
著者:Bram Stoker
英語:イギリス英語
朗読:あり

読んでみたい方がちょっとだけ参考になるかも知れないコメント

収録作品の紹介
  • とある学生が勉学に励むため、誰もいない静かな古い家を借りた。しかしそこは、残忍な判事が住んでいた家だった(The Judge’s House)
  • ニュルンベルクに旅行に来た夫婦と旅先で知り合った男の3人。ある日男が誤って子猫を殺してしまい、母猫の復讐がはじまる(The Iron Maiden)
  • 同じ娘に結婚を申し込んだ、かつて親友だったAbel BehenaとEric Sanson。期日までにお金持ちになって帰ってくると約束したAbel Behenaは無事に戻ってくるのか(The Return of Abel Behena)
パパわんわん
パパわんわん

ドラキュラでおなじみの「Bram Stoker」の短編が3本収録されています。どれも短いですが、1本目と2本目はとにかく恐ろしい話!3本目は人間の残酷さが描かれた作品です。

ぺのーん
ぺのーん

2本目はほんとに恐ろしい話なんだぜ……!

パパわんわん
パパわんわん

ドラキュラは有名ですが、他にもこんな怖い話を書いていたんだ、と新発見がある1冊。ホラー好きは必見です。

次に読むなら何がおすすめ?

パパわんわん
パパわんわん

多読用のGRや児童書には結構ホラーものは多いので、選び放題かと思います。同レベル帯のGRでは以下のようなものがありますよ。

タイトルとURLをコピーしました