The Caribbean File

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

書籍情報&レビュー

Kindle版がAmazonにて販売されています!

この本の基本情報

タイトル:The Caribbean File
YL:1.4
語数:4,188
パパわんおすすめ度:3.0
パパわん的ジャンル:スパイもの

シリーズ:Cambridge English Readers
著者:Richard MacAndrew
出版社設定ジャンル:Thriller
英語:イギリス英語
朗読:あり
舞台:カリブ諸島

3行でわかるあらすじとレビュー

  • 二人の凶悪テロリストがカリブ諸島に集まっているとの情報を受け、スパイMunroは彼らの計画を知るためカリブ諸島へ向かう
  • 彼らの近くにはMaria Salgadoという女性や、子供の姿もあった
  • いったい彼らの目的は何なのか?
パパわんわん
パパわんわん

スパイMunroシリーズの2作目(出版された順番では一番新しいでしょうか?)。今回の舞台はカリブ諸島です。

Munroシリーズは007を意識して書かれているためか、なかなか大人向けのストーリー展開となっています。いわゆる英語学習者向けのGRとは違ったものを読みたい方にはおすすめです。

この本はどんな人におすすめ?

こんな人におすすめします!
  • スパイもの(007など)が好き
  • 主人公がピンチになって、どう切り抜けるのかを見たい
ちょっと合わないかも……
  • 大人のロマンス表現があるのはちょっと遠慮したい

併せて読みたい・次に読みたい

別のレベルにもスパイMunroシリーズが展開されています。それぞれの本でストーリーは独立しているので、バラバラに読んでも問題ありません。

  • The Penang File (Starter) (レビュー記事あり)
  • The Caribbean File (Level 1)(本記事で紹介)
  • The New Zealand File (Level 2)
  • The Lahti File (Level 3)

朗読(オーディオブック)のレビュー

男性の朗読です。登場人物の名前のイントネーションなどは、本を黙読するだけではわからないので、こういったオーディオで併読するのもおすすめです。

CERの朗読音声は現在無料でダウンロードすることが可能です!
詳しくは下の記事をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました