The House in the Picture and Abbot Thomas’ Treasure

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

書籍情報&レビュー

この本の基本情報

タイトル:The House in the Picture and Abbot Thomas’ Treasure
YL:2.0
語数:8,828
パパわんおすすめ度:3.0
パパわん的ジャンル:古典、ホラー

シリーズ:Macmillan Readers
著者:M. R. James
英語:イギリス英語
朗読:あり(CD)
舞台:イギリス

3行でわかるあらすじとレビュー

  • 高価な絵画を購入したものの、届いたものは何の変哲もない一軒の家が描かれたものだった。しかし、その絵画には恐ろしい秘密があった。(The House in Picture)
  • ある読書好きの考古学者が、とある寺院にまつわる秘宝についての本を読み、その秘宝を探るべく謎解きを始めるが。。。(Abbot Thomas’ Treasure)
パパわんわん
パパわんわん

ホラー小説の名手、M.R.Jamesの小説2本が収録されています。1本目の”The House in Picture”は他のGRなどでもretoldされていて、人気の作品です。

ぺのーん
ぺのーん

2本目はGRなのにちゃんとしたパズル要素があって本格的だわん……!

パパわんわん
パパわんわん

個人的には1本目の作品がホラーとしてはかなりゾクッとする話で大好きです。

M.R.Jamesの作品は他社のGRシリーズでも展開されています。当サイトでは以下のものをレビューしております。こちらもおすすめです。

この本はどんな人におすすめ?

こんな人におすすめします!
  • ゾクッとする話、謎解きもあるホラーが読みたい
  • 怖い話が大好き
ちょっと合わないかも……
  • 怖い話は夜眠れなくなるので勘弁してください
タイトルとURLをコピーしました