The Last Leaf and Other Stories

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

書籍情報&レビュー

この本の基本情報

タイトル:The Last Leaf and Other Stories
YL:1.8
語数:7,418
パパわんおすすめ度:3.5
パパわん的ジャンル:古典、短編

シリーズ:Macmillan Readers
著者:O. Henry
英語:イギリス英語
朗読:なし
舞台:アメリカ

3行でわかるあらすじとレビュー

  • 改心した大泥棒は、思わぬの場面で自身の悪い特技を使うことになる(A Good Burglar)、病床から見える葉が散るのと、自らの死が近づくのを重ねてしまうが。。。(The Last Leaf)
  • お互いを思いやるための優しい嘘とは(A Lesson in Love)、探偵になった男は事件解決のため奔走するが。。。(The Jeweller’s Wife)、平民の生活に憧れる貴族の娘は、公園で出会った男に身の上話を始めるが。。。(The Car is Waiting)
パパわんわん
パパわんわん

Macmillan Readersから出版されているO.Henryの短編集で、5本のお話が収録されています。とくに2本目の”The Last Leaf(最後の一葉)”は有名ですよね!

ぺのーん
ぺのーん

どれも結末が斬新で、今読んでみてもあっと驚くこと間違いなしだぜ……!

パパわんわん
パパわんわん

個人的に好きなのは最後のThe Car is Waitingですね。すごく情景が浮かぶのと、オチが秀逸だと思います。

O.Henryの短編は他社のGRシリーズでも展開されています。当サイトでは以下のものをレビューしております。こちらもおすすめです。

この本はどんな人におすすめ?

こんな人におすすめします!
  • あっと驚く結末の話を読みたい
  • 星新一のようなショート・ショートが好き
ちょっと合わないかも……
  • 短すぎる話はちょっと遠慮したい
タイトルとURLをコピーしました