The President’s Murderer (Oxford Bookworms Library Stage 1)

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

書籍情報&レビュー

オーディオ付のKindle版です

この本の基本情報

タイトル:The President’s Murderer
YL:2.0-2.2
語数:5,243
パパわんおすすめ度:3.5
パパわん的ジャンル:犯罪もの、ディストピア

シリーズ:Oxford Bookworms Library Stage 1 (OBW1)
著者:Jennifer Bassett
ジャンル:Thriller & Adventure
英語:イギリス英語
朗読:あり(CD、オーディオ付き電子書籍、Audible.comなどで入手可能)
舞台:不明(本文に記載なし)

パパわんわん
パパわんわん

著者の Jennifer Bassett さんは Oxford Bookwormsシリーズでライターを務められていて、本書のようなオリジナルものから、短編集、古典のリトールド版まで幅広く書かれていますね。

あらすじ

大統領は死んだ!
男は夜を走る。恐れを抱き休息を求めて。しかし彼の背後には、灯りと犬とそして銃を従えた人間たちが。
別の男がデスクの前に立っている。彼のボスは怒りに満ち、そして男は疲れ睡眠を欲していた。しかしまず彼は男を捜し出し、そして連れ戻さなければならない―生死を問わず。追うものと追われるものとなった二人の男。どちらが勝利し、どちらが負けるのか?
大統領に栄光あれ!

書籍の裏表紙を要約してみました。とても興味をそそられる内容ですね!
この裏表紙の原文にも注目するポイントがありますので、後述いたします。

ざっくりレビュー

本書は、あらすじに出てくる二人の男の視点が切り替わりながら物語が進んでいきます。一人は前大統領殺害の罪で服役中でしたが脱獄をしたAlex Dinon。もう一人はAlexを追う警察官のFelix。
登場人物も少なく、テンポよく物語が進んでいくので、OBW1の中ではとても読みやすい部類に入ると思います。

物語自体も「あ、海外ドラマや映画でこんな感じのあったかも!」と思ってしまうようなわかりやすい内容ですので、クライム・サスペンスや容疑者vs警察といった構図のお話が好きな方には特におすすめできます。

残念なのは結末で、「え、ここで終わり?」と思わず声が出そうな中途半端なところで終わってしまいます。これは本書がGRであり、巻末の学習者用コンテンツに『物語の新しい結末を作ってみましょう』というアクティビティも用意されていますので、もしかしたらあえてこういった結末にしたのかなぁ……とも思えます。
それでもこの結末はちょっと残念かなぁ……。

こんな人におすすめします!
  • 現代もので読みやすいGRを探している
  • スリリングな展開が好き、逃亡劇が好き
ちょっと合わないかも……
  • スッキリ完結していないと気になって眠れなくなってしまう
  • クライム・サスペンスはちょっと苦手

英語多読にプラスアルファの情報

ピックアップ表現

‘Soldiers shoot first, and ask questions later.’

本文より

物語中に軍が登場しますが、警察が軍のことをわかりやすく表現したセリフです。「質問する気は毛頭ない」ということを皮肉っぽく言っていて、良い表現だなぁと思います。

裏表紙を原文で読んでみると……

あらすじの項目で要約した裏表紙の文章ですが、原文の最初と最後を繋げると、The president is dead, long live the president!となります。

実はこれはお決まりの表現として使われるThe king is dead, long live the king!をもじったものと思われます
この表現の最初のkingは前の王を指し、後ろのkingは新しい王を示しているとされ、単に王政が変わった際にすぐに新しい王に敬意を表する意味だけでなく、王政はずっと続く、ということを意味しているのだそうです。

本書の表現では、今の大統領制による支配はずっと続く(悪しき政治は続く)と読めますから、本編の行方を暗示するちょっと皮肉めいた表現になっているのですね。

裏表紙もちゃんと読んでみると新しい発見がありますね!

朗読(オーディオブック)について

本書の朗読(オーディオブック)はCDとして付属しているもの、電子書籍にオーディオが付属しているもの、もしくはAudible.comなどの海外サイト購入できます。

楽天Koboの電子書籍ストアでも販売しているので、使用されている端末やアプリに合わせて購入すれば良さそうですね。

紙の書籍をお持ちだったり、図書館等で本は借りれるのでオーディオだけあればいいな……という方(私も含めて)は、多少手間ですがAudible.com等海外のオーディオブックサイトに登録して購入するのが一番安上がりかもしれません。

一例ですが、Audible.comの商品ページを紹介します。Audible.comは米国Amazonアカウントがあればログインや購入が行なえますね。

タイトルとURLをコピーしました