Under the Moon (Oxford Bookworms Library Stage 1)

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

書籍情報&レビュー

Kindle版はオーディオ付きのものしかAmazonでは発見できませんでした

この本の基本情報

タイトル:Under the Moon
YL:2.0-2.2
語数:5,320
パパわんおすすめ度:2.0
パパわん的ジャンル:SF

シリーズ:Oxford Bookworms Library Stage 1 (OBW1)
著者:Rowena Akinyemi
ジャンル:Fantasy & Horror
英語:イギリス英語
朗読:あり(CD、オーディオ付き電子書籍、Audible.comなどで入手可能)
舞台:未来の地球と宇宙

パパわんわん
パパわんわん

GRで設定されているジャンルってかなり大雑把ですが、この本は完全なSFです。

あらすじ

2522年、地球は人工オゾン層の崩壊によって異常な現象が起こり、雨がふらなくなり、各地で火災が起こり始めていた。宇宙空間で人工オゾン層を観測していた宇宙船では、異常な数値を感知していたが、地球の司令官はまったく聞く耳を持たなかった。

これはジャケット詐欺では……?と思ってしまうほど、本文と関係ない写真が使われていますね。

ざっくりレビュー

SFで、宇宙開発による環境破壊みたいなのを書きたかった……のでしょうか?いまいち何を伝えたいのかわからないストーリー。

まず主人公たちの任務の目的が不明(観測結果をレポートしたら無視されるし逮捕されるし)。宇宙船のリーダーの行動もよくわからないし、何より地球の司令官!こんなやつがなんで地球のトップなの?と疑問に思う人物で、物語に感情移入できませんでした。。。

あまり生かされていない登場人物の人間関係とか、結局月は話の舞台にはなっていないとか、なんだか中途半端な感じです。

こんな人におすすめします!
  • 宇宙を舞台にしたSFが好き
  • 月や火星に行ってみたい
ちょっと合わないかも……
  • もう少しまともな人達がリーダーやってほしい

英語多読にプラスアルファの情報

ピックアップ表現

‘Stop!’ Captain Seru stood up and put her hands in her pockets.

本文より

異常事態を報告したらいきなり逆ギレするキャプテンSeru。この本、こんな感じの話を聞かない人たちが多すぎです。

朗読(オーディオブック)について

本書は女性(Candida Gubbinsさん)の朗読です。本文はゆっくりですが、セリフでははっきりと読まれているので大変聴きやすいです。が、上にも挙げたSeruのセリフが結構若々しい感じなので、あんな態度をとりながら迫力はあまり感じられないです(笑)全体的に速度はゆっくりなので、もう少し速いスピードで聴きたいかなぁ。

楽天Koboの電子書籍ストアではオーディオ付きの電子書籍は見つかりませんでした。

紙の書籍をお持ちだったり、図書館等で本は借りれるのでオーディオだけあればいいな……という方(私も含めて)は、多少手間ですがAudible.com等海外のオーディオブックサイトに登録して購入するのが一番安上がりかもしれません。

一例ですが、Audible.comの商品ページを紹介します。Audible.comは米国Amazonアカウントがあればログインや購入が行なえますね。

タイトルとURLをコピーしました